道場案内

清漣館館名由来

 松井百太郎宗忠が11代舌間宗綱に入門し修行した道場が「清漣舎」と言う道場で、博多の中州の突端にあり横には那珂川が流れている。
風の強い日などは、川の水しぶきが道場にかかったくらい近くにあった事から、清らかなさざなみと言う意味でこれを清漣舎と称した。
私共が始めたこの深川スポーツセンターは下町を代表する墨田川とそこにぶつかる大横川の中州にあり、偶然にも博多の清漣舎と同じ様な地形にあることから、当道場を清漣舎にちなんで「清漣館」と名付ける。
平成18年4月1日
館主 臼木宗隆

清漣館

館主 臼木良彦
道場 
深川スポーツセンター(現在改修中)
東京都江東区越中島1-2-18

東京メトロ東西線 門前仲町駅より月島方面へ徒歩五分
連絡先 臼木良彦
東京都江東区
稽古日 毎週土曜午後2時〜5時
(見学は午後3時〜4時 要事前連絡)
入会金8,000円、月謝4,000円

見学希望の方は、事前にこちらからお問い合わせ下さい。
英語、手話OKです。

清漣館イギリス稽古会
http://seirenkanuk.wordpress.com/



公開日:
最終更新日:2016/02/01