×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 

since October 1998


お問い合わせ

双水執流組討腰之廻 清漣館
双水執流概論 gairon.html
杉山理事長の急逝を偲ぶー神道夢想流 清水隆次 sugiyama.html
師範紹介
道場案内 dojo.html
歴史 rekishi.html

文 章・写真等の無断転用を一切禁止します。

Copyright 1998
Sousuishi-ryu.

Seiren-kan.

All rights reserved.

日 本最古の柔術流派と言われている竹内流小具足腰之廻を学んだ二神半之助正聴(ふたがみはんのすけまさあき)が、江戸時代初期に竹内流を改良し組討腰之廻として完成した総合武道です。

二神半之助は、江戸時代初期の承応年間頃東蓮寺藩(直方藩)に移りそこで伝承、八代舌間宗益の代になって江戸中期の寛延四年に宗益が福岡に移住、それ以後福岡藩で伝承され ました。

組討は組んで討ち取ると言う意味で、当身や投技が基本の徒手による技で、また腰之廻(こしのまわり)とは、腰の廻りにある道具(刀や脇差等)を使って行う組討の事で、さらに跳躍や回転といった特殊の動きがあるのもその特徴の一つになっております。

当HPは明治21年に松井百太郎宗忠により東京に伝えられた双水執流清漣館です。

また現在も福岡では双水執流柔術会隻流館にて継承されています。

リンク link.html
技術体系 taikei.html
演武 https://www.youtube.com/user/Sousuishiryu/videos
舌間宗益考 munemasu.html
平成21年8月1日更新
平成21年10月25日更新
平成21年11月1日更新
二神半之助総論 futagami.html
平成22年3月29日更新
松井百太郎について matsui.html
平成22年7月22日更新
舌間又七宗安と豊後竹田の臼杵家について matashichi.html
双水執流発祥の地、吉野について yoshino.html

3/11 の東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様をはじめ関係 者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。